30代の転職における「経験」の取り扱い方

30代の転職について

 中途採用で人材を募集する企業にとって、30代の応募者には経験を求めている場合が多いです。20代の応募者に比べて、より即戦力になる人材かを見極められるといってもよいと思います。30代で転職する時には、熱意だけでなく経験を評価してもらうことが転職成功に大きく関わってくるのです。そういう意味においては、30代以降の転職は経験してきた職種や業種での転職が最も成功する可能性が高いといえます。30代で転職を考えている場合には、自分の過去のキャリアをしっかりと振り返ってみることが重要です。

 

経験を他業種で活かせないか模索してみる

 30代で未経験の職種や業種に転職することは、簡単なことではないかもしれません。しかし、経験が無いからといって諦めてばかりいても新しい未来は開けてきません。もし他業種への転職を考える場合には、自分の過去のキャリアを活かすことができないか模索してみることも大切です。人材を募集する企業側も、違う職種や業種からの応募者であっても、企業に貢献してくれそうな人材に興味を抱いてくれる場合もあるでしょう。自分の経験と応募したい企業との間に、接点や共通点がないかを1度考えてみる価値はあるのではないでしょうか。

 

 


このページの先頭へ戻る