転職を繰り返してしまうこう事で起こるデメリット

転職には良い転職・悪い転職がありますが、良い転職は自分の能力を向上させたい、新しい事に挑戦したいというポジティブな理由なもの、悪い転職はなんとなく仕事に飽きてしまった、人間関係が嫌など、後ろ向きな理由の転職では、何度転職しても上手く以下合い割合が高くなります。一旦転職グセが付いてしまうと、2〜3年ですぐに転職してしまい、給与や待遇面でもじわじわと悪くなっていきます。そんな事態にならないためにも、転職に失敗する転職理由をご紹介します。

 

一番多い転職理由「人間関係」

人には、性格的に合う・合わないがありますが、仕事をしていく上ではあの人と性格が合わないから一緒に仕事をしたくない、そんなわがままは通用しません。仕事はチームワークで行うことが多いので、人間関係の輪を乱す人材を雇用側は採用しようとは思いませんが、ただ嫌いな人がいるからという転職理由は面接では言わない方が無難です。

 

何度も違う職種に転職する

この手のタイプは何となく「この仕事カッコイイ」などの理由で転職していることが多く、実際に働いてみたら想像と違うといった理由で、転職をしていると、信用できない人物のレッテルを貼られてしまいます。違う職種に転職するのはせいぜい2回程度にしておきましょう。

 

転職する理由ははっきりとしたものに

自分の中では正当な理由での転職でも、他人から見たらそんな子供っぽい理由で?とあきれられてしまう場合がよくあります。人間関係や仕事・業務内容が嫌など、単純な理由での転職ではなく、転職する明確な理由がない転職はやめ、もう少し頑張る気持ちで仕事をしていきましょう。


このページの先頭へ戻る