20代での転職は、将来に大きく影響する?

転職を繰り返すことの評価の認識

 20代の若いうちに転職を繰り返していると、日本ではまだ評価は高いとは言えません。長続きしない、一つの事をやり遂げられないなどの昔からのイメージが定着しています。しかし、アメリカでは、転職に対してのネガティブなイメージはあまりありません。1年、2年での転職はさすがに評価されませんが、20代の若いうちに転職をしている場合には、経験値としても評価されやすいです。そして、30代、40代の働き盛りになった時に収入を拡大することができる可能性を持ち合わせているそうです。

 

20代での転職が将来に影響する理由とは?

 アメリカでは、20代で多くの職場を経験して転職している場合には、自分に向いている合っている天職を見つけやすいという事です。若いうちに幅広い分野に触れ、吸収することで自分なりのアイディアや経験を存分に発揮することができるそうです。

 

鵜呑みは危険 

 転職が多いから経験値があるという評価は、現在のアメリカ特有のものである事も理解しておきましょう。日本でも終身雇用が崩れてきているので、転職は珍しくありませんがまだまだ、転職者に対して厳しい目を持っている企業が存在しているのも事実です。グローバルな大企業でも、歴史があるために日本特有の仕事観は抜けていないのが現状ですから、一つの考え方としてとらえ鵜呑みにしないようにしましょう。


このページの先頭へ戻る